わきが治療

わきが治療ナビ.netについて

当サイト「わきが治療.net」では、わきが治療を行う皮膚科、クリニック、美容外科を
都道府県別に一覧掲載しております。

 

あなたのお住まいの地域を左メニューから選択して頂ければ、わきが治療を行っている
皮膚科、クリニック、美容外科が一覧表示されます。

 

わきが治療院の検索にご活用下さい。

 

わきが治療ナビ!あなたの町の皮膚科・クリニック・美容外科一覧!

わきがとは?

わきがとは、脇下から汗と共に苦いような独特の臭い
発する症状のことを言います。

 

ワキガのニオイの原因は脇下に分布されるアポクリン汗腺と呼ばれる
汗腺から分泌される汗が原因です。

 

このアポクリン汗そのものにはニオイはないのですが、
汗として脇ににじみ出たときにニオイを発します。

 

アポクリン汗は脂肪やたんぱく質を豊富に含んでおり、皮膚表面に
分泌されると、皮膚表面に生息している細菌が脂肪やたんぱく質を
分解し、あの独特のニオイを発するのです。

 

さらに脇毛の毛穴に分布している皮脂腺から分泌される皮脂がアポクリン汗と
同時に分解されることでニオイを助長します。

 

そしてさらに、ここに通常の汗であるエクリン汗が分泌されると、
エクリン汗が蒸発するときにワキガ臭も同時に拡散されニオイが周囲に拡散することになるのです。

 

わきがの元凶はアポクリン汗腺から分泌される汗。

 

そこへ皮脂や通常の汗であるエクリン汗腺が分泌されることでニオイが拡散され、
周囲にあのニオイをまき散らすことになるのです。

日本におけるわきが人口

欧米人では80%の人がわきが゙体質であるのに対し、
わきが体質の日本人は日本の人口の10%ほどと言われています。

 

欧米では、ワキガは当たり前の状況なので、自分のワキガ臭に
悩んでいるという話は聞いたことがありません。

 

欧米人と日本人でこれほどまでにワキガ体質の人口割合が異なるのは、
食生活の違いに起因するところが多いです。

 

肉食を昔から中心とする欧米人は、脂肪、たんぱく質の多い食生活を
送ってきましたので、脇の下に分布するアポクリン汗腺と皮脂腺が
発達したものと考えられます。

 

それに対して、日本人は江戸時代まで米を主食とする穀類中心の食生活を
送ってきており、欧米人のように肉を摂取し始めたのは歴史的に見てもごく最近のことです。

 

この食生活の違いが、日本人と欧米人のワキガ体質の人口比率の違いを生んでいるのです。

 

食生活の変化により、日本人でもその数は増えて着ていますが、
ワキガ体質の人はまだまだ少数派です。

 

少数派がゆえに、「人とは違ったニオイがする」というコンプレックスにワキガ体質の人は
悩まされることになってしまっているのです。

わきが治療と保険

こちらでも詳しくご紹介しておりますが、
わきが治療で健康保険が適用されるのは、

 

  • 切除法
  • 皮弁形成手術

 

のみとなっております。

 

この治療法は、体への負担も大きく傷跡も残りやすいです。
数週間の入院期間を必要とし、切除した皮膚を縫い合せるため、後遺症が
残るケースが多々報告されています。

 

安上がりに済ませることだけを考え、後々脇に大きな傷跡が残ったり、
後遺症が残る手術法を選択するのは得策ではありません。

 

また、切除法、皮弁形成手術ではわきがの元凶であるアポクリン汗腺を完全に
取り除くのは難しく、ワキガ臭が再発するケーツが多々報告されています。

 

多少治療費がかかっても傷跡が小さく後遺症のない最新の治療法を
備えた美容外科クリニックで治療をおこなったほうがいいですよ。

 

また、巷には制汗スプレーやわきがクリームといった商品がたくさん売られています。
ドラッグストアに行けばところせましとデオドラント商品が棚に置かれています。

 

こういった商品でわきが臭対策を行っている人もたくさんいると思いますが、
残念ながらこういった商品は一時しのぎにしかなりません。

 

わきが臭の根本的な原因は、アポクリン汗腺から分泌される汗です。
アポクリン汗腺そのものを除去しない限り、わきが臭を根本から改善することはできないのです。